餃子の街”宇都宮”に東京の餃子店「肉汁餃子のダンダダン」が初進出🥟

”宇都宮”といえば”餃子の街”🥟

そんな”餃子の街”をさらに盛りあげるために「餃子とビールは文化です」を合言葉に東京の餃子店「肉汁餃子のダンダダン」が栃木宇都宮に初進出!👐🎉

今回はTrepo編集部がダンダダンの餃子の美味しさと宇都宮西口店の秘密に迫ります👀

肉汁餃子のダンダダンとは

「肉汁餃子のダンダダン」は、「商品と人を大切にする」ということをコンセプトにした大衆居酒屋🥟🍺

メインとなる餃子は、流行り廃りがなく老若男女に愛される食べ物。

そんな自慢の餃子はビジネスパーソンや女子会、学生の昼飲みなど様々なシーンで支持されています!

新店舗宇都宮西口店の店構え

肉汁焼餃子

「肉汁餃子のダンダダン」の看板商品「肉汁焼き餃子」の特徴はなんと言っても、何も付けずに食べられる味付けです!

オリジナル全粒粉を使った皮で豚肉や厳選野菜を絶妙なバランスで包み込んだ餃子自体にしっかりとした旨味があるので、一口食べると旨味たっぷりの肉汁が飛び出します🥰

本当にたっぷりと肉汁が詰まっているので、肉汁飛び跳ね注意です😋

豊富なサイドメニュー

「肉汁餃子のダンダダン」は豊富なサイドメニューも魅力✨

定番の”水餃子”の他、”麻婆豆腐”など大衆居酒屋ならではのメニューが多く提供されています!

そんな豊富なサイドメニューの中でもTrepo編集部のオススメは”馬刺し盛り合わせ”

生で食べられる馬刺しの特権とも言える、しっかりとしたお肉の味を感じることができます😋

餃子にビール最高です….

宇都宮西口店の秘密

「肉汁餃子のダンダダン」は「街に永く愛される、粋で鯔背な店作り」を体現するための店の外観、内観も出店する地域に合わせてデザインされています🔨🖌

例えば風情を出すため、古くても使える丈夫な柱などには手を加えずそのまま使用しており70年以上の前の木材を使用している店舗もあるそうです!

新店舗である「宇都宮西口店」は95店舗目!その様子をチェック👀

堂々たる壁画

今では「肉汁餃子のダンダダン」の象徴とも言える”壁画”🎨

3店舗目である代田橋店がオープンするとき、「壁が寂しいから絵を描こう!」と思いついたのが始まり。

壁画は地域に合わせて全店デザインを変えているそうです!😲

宇都宮西口店では荘厳な”龍”や栃木の名所”華厳の滝”が描かれています。

餃子を食べながらその土地ならではの壁画を楽しんでみてください🤗

入魂作業

新店舗がオープンする際は、必ず”入魂作業”というものを行います🔥

文字通り「店に魂を込める」ため、自分たちの手で、店の壁に字や絵を描きます。

想いを店に込め、店に愛着が湧くようにと、1号店がオープンしたときから続く大切な行事です!

宇都宮西口店もスタッフの方が丁寧かつ豪快に仕上げています✨

おわりに

噛んだら肉汁が飛び出す餃子と、キンキンに冷えたビールは相性抜群!🥟🍺

餃子の本場宇都宮には美味しい餃子がたくさんありますが、是非ダンダダン自慢の「元祖・肉汁餃子」を召し上がってみてはいかがでしょうか?😊

「肉汁餃子のダンダダン」宇都宮西口店

●住所:〒320-0811 栃木県宇都宮市大通り3-1-2

●アクセス:宇都宮駅 徒歩6分

●TEL:028-680-7447

●公式HP:https://www.dandadan.jp/

●営業時間:12:00〜26:00

(12:00〜15:00はランチメニューのみ)

●定休日:なし

●公式Instagram:https://www.instagram.com/dandadan_gyoza/

●公式Twitter:https://twitter.com/dandadan_gyoza

SNSをフォローする♡

Instagram

Twitter

LINE

♡Trepo公式LINE

友だち追加

Trepoの公式ラインを登録して、新着記事をいち早くチェック♪

この記事を書いた人

Trepo編集部

Trepo編集部

Trepo編集部